池澤クリニック

男性の更年期障害

どんな病気なの?

男性更年期障害は、男性が年齢とともに男性ホルモン(テストステロン)が徐々に低下することによって、性機能低下や精神神経症状などの諸症状があらわれる疾患です。専門的にはLOH症候群(Late onset hypogonadism symdrome)と呼ばれています。
男性ホルモンは男性の生殖機能に関与する他にも、脳に働きかけ意欲を促し、筋肉を増強させ、骨量を維持するなど様々な働きをしています。男性ホルモンは20~30歳代を境に徐々に低下し、低下に従って様々な身体症状が出てきます。ただし、男性では、女性に相当するようなホルモンの劇的変動は見られません。発症年齢も女性ではいわゆる更年期と呼ばれる40~50歳に集中していますが、男性では30歳代後半から70歳近くまで幅広く起こりえます。また、個人によって男性ホルモンの値に個体差があり、同じ男性ホルモンの値でも症状の出る人も出ない人もいます。

 

どんな症状が出るの?

  • ▷気持にあらわれる症状
    • 抑うつ、集中力低下、不眠、物忘れ、イライラなど
  • ▷身体にあらわれる症状
    • 筋力の衰え、体力の低下、性欲の減少、朝立ち回数の減少など男性機能・勃起能力の低下、発汗、ほてりなど

男性では女性に比べ身体症状よりも精神症状の方が多くみられることも特徴の一つです。とにかく男性更年期の不定愁訴は心身症の様相を呈することが多く、うつ症状も男性更年期障害によく見られる症状です。
原因としては、男性ホルモンの低下に精神的なストレス、環境の変化などが加わって男性更年期障害を発症するきっかけとなります。男性のストレスの大きいものといえば、仕事自体や仕事を通じた人間関係、そして家族関係です。どのような男性が更年期障害を発症するか、まだ明らかではありませんが、神経質でまじめ、責任感や競争心が強い几帳面な人は男性更年期障害を発症しやすいと言われています。

 

どんな診察や検査が必要なの?

一般的に様々な症状のチェックのためのアンケート評価、そして採血検査による男性ホルモン(総・遊離テストステロン)の値を測定します。これらを総合的に評価して診断をつけますが、男性更年期は定性的な診断基準がありませんので、男性ホルモン(テストステロン)値が低いからといってそれだけで男性更年期と診断できるわけではありません。テストステロン値と症状の重症度が相関しないことから、実際は以前の状態からどの程度減少したかが診断の参考となると考えられます。はっきりしない場合には、診断的治療として薬剤投与を開始し、その反応を見るという場合もあります。

 

どんな治療をするの?

女性に対しても男性に対してもホルモン療法が有効とされているので、現在のところ、男性ホルモンの注射による男性ホルモン補充療法が一般的です。その他、漢方薬やSSRIなどの抗うつ剤、睡眠薬などを使って治療することもあります。男性ホルモン補充療法を行うにあたっては、その副作用に留意しなければなりません。とくに前立腺がんを罹患している方には前立腺がんを進展させる危険性があるため、ホルモン補充は禁忌です。同様に前立腺がんが疑われている方や罹患する可能性が高い方の場合も、ひかえたほうがよいでしょう。

 

受診後の留意点

自覚症状だけでは判断しにくいため、気づくことが遅れることもあります。一方、うつ病やその他の疾患を男性更年期障害と誤解することも少なくありません。気になる症状がある場合は、専門医や主治医に相談し、血中テストステロンの測定をしてみることをすすめます。また、診断、治療(特にホルモン療法)とも泌尿器科専門医との連携のもとに行う必要があります。女性の更年期障害と同様、生活リズムの乱れが男性更年期障害を悪化させる原因の一つとなりますので、睡眠不足、過度な飲酒、喫煙などは避け、適度な運動とストレス発散、食生活の改善をこころがけましょう。