池澤クリニック

全般性不安障害

どんな病気なの?

不安は感情の一種で、漠然とした恐れから表出されます。もちろん誰でも経験するものですが、明確な理由がないのに不安が起こり(もしくは理由があっても、それと不釣り合いな程度に強く不安が起こり)、一定期間以上持続する病的な不安を全般性不安障害と呼びます。古典的には不安神経症と呼ばれてましたが、ICDでは全般性不安障害と規定されております。
前述のパニック障害は急性かつ突発的に起こる不安発作が主症状ですが、全般性不安障害では慢性と不安症状が長く続くことが特徴です。全般性不安障害の発病には、もともと神経質で不安をもちやすい性格の人に多くみられ、何らかのショッキングな出来事、心配事、悩み、ストレスなど、精神的なものが原因と思われることもありますが、全くない(あるいは気づかない)こともあります。身体的な要因では、過労、睡眠不足などがきっかけで発症することもあります。多くのケースでは、日常での種々のストレスを背景にして生活しているうちに、いつのまにか発症していることが見受けられます。
全般性不安障害は女性に多く、男性の倍以上といわれ、日本での有病率は1.2%と言われております。

 

どんな症状が出るの?

  • ▷気持にあらわれる症状
    • 持続的かつ慢性的な不安、緊張、落ち着きのなさ、焦燥、過敏、集中困難などが主症状です。日常から過度の不安・心配がつきまとい、診断基準では6カ月以上持続、慢性化することが特徴です。
  • ▷身体にあらわれる症状
    • 頭痛、頭重感、筋肉の緊張、首や肩のこり、震え、動悸・冷や汗などの自律神経症状、めまい、呼吸苦、頻尿、下痢、易疲労感、不眠などの多彩な身体症状(いわゆる不定愁訴)がみられます。多くの患者さんは身体面での症状を強く訴え、どこか体に異常があるのではないかと考え、あちこちの病院で診察や検査を受けますが、特に異常を指摘されずに慢性的に経過することが見られます。

どんな診察や検査が必要なの?

診断は、ICD-10やDSM-Vに則って行います。先に述べた症状と経過の特徴からなされ、検査で特別な異常はみられません。心理検査で自己記入式の質問紙でその傾向があるかどうかを調べることもあります。また、原因になるような身体疾患がないのが診断の主な条件です。身体疾患を除外するために、血液、心電図、場合によっては脳波検査などの内科的な検査を行い、心血管系疾患、呼吸器疾患、甲状腺機能亢進症、低血糖、薬物中毒、てんかんなどを除外して診断をつけます。

 

どんな治療をするの?

治療法には、主に薬物療法と心理療法があります。抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体やタンドスピロンなど)などを必要最小限用います。ベンゾジアゼピンは連用すると常用量依存を起こすことがあるので、必要最小限にとどめ、アルコールと併用しないようにしなければなりません。また、場合によってはセロトニン調節薬であるSSRIなどを用いることもあります。症状と関連のある日常生活上の悩みやストレスについて、医師に相談しアドバイスを受けるなどの精神療法が行われます。また、深呼吸や筋弛緩を用いたリラクセーション法や、自律訓練療法という、不安や動悸などの自律神経症状を緩和させるセルフトレーニングを併用することもあります。

 

受診後の留意点

経過は慢性で、日常生活のストレスの影響を受け、よくなったり悪くなったりしながら多くの場合何年にもわたって続きます。種々の身体的症状で内科などを受診し、検査を受け、異常がないとわかったら、心療内科を受診しましょう。全般性不安障害と診断されたら、気のもちようではなく不安の病気と受けとめ、信頼できる医師のもとで根気よく治療を続けてください。症状の完全な消失がなくても、少しでもよくなったら、そのぶん前向きに生活していく考え方が必要です。